通訳を本格的に学びたい社会人・学生の方、更なるスキルアップを図りたい方におすすめ!東京都内にある評判の高い通訳養成学校をご紹介します!

本格的に学びたい方に!東京でおすすめの通訳養成学校5選を紹介

皆さん、こんにちは。
このサイトは、まだ駆け出しの通訳者である私が、これまで手当たり次第に通訳学校に通いまくった経験や仲間からの口コミをもとに、学校選びに迷っている方に向けてわかりやすく情報をまとめたものです。

授業のクオリティが高く環境が整備された東京都内で評判の良い通訳養成学校を紹介しているので、以前通訳学校に通っていたが挫折してしまった…という方にもおすすめできる、通いやすさにも定評のある学校を紹介しているので是非参考にしてみてください。

通訳養成学校に通おう♪学べる授業内容とは?

ロボットが色々な国の人と話している画像

通訳養成学校とは言語だけでなく、外国や日本の文化背景やさまざまな分野における背景知識の重要性など、さまざまなことが学べます。通訳者・翻訳者になりたい方やスキルアップをしたい方に向けて門戸が開かれています。

授業内容は主に、通訳に必要な技術である「情報保持(リテンション)」と「訳出(デリバリー)」能力をディクテーションやシャドーイングなどのさまざまな訓練方法で伸ばすカリキュラムになっています。

学校で培ったスキルを活用して、国際会議の場やグローバル会社など多くの場での活躍が期待できますので、通訳養成学校に通うのはおすすめです。

→ 通訳養成学校や授業の詳細を知りたい!

【通学vs通信(オンライン)講座】選ぶならどちらのコース?

2つの選択肢を表現した画像

通学コースのメリットは何と言っても講師から直接指導が受けられることです。人前で実演することもあるため、より実践的で通訳に役立つ技術を身付けられます。またデメリットは時間と場所が制限されることでしょう。

通信(オンライン)講座のメリットは授業の時間帯とスケジュールが合わない人や遠方にお住まいの方でも自分の都合に合わせた時間・場所で受講できることです。 デメリットとしては、他の生徒と交流しながら学習できないためモチベーションを保ちにくい、授業の質が面と向かって学ぶ通学コースには劣る点が挙げられます。

→ 通学と通信講座 どちらがおすすめか知りたい!

通訳養成学校の料金相場はどれくらい?

電卓と財布の画像

入学金が数万円、受講料が半年の講座で20万~30万円程と言われています。

総額だけ見比べてもあまり差があるようには感じられませんが実際には、受講期間や回数など各学校では、さまざまなコースが用意されています

他にも教材費が発生する場合や、割引特典が用意されていることもありますので各学校のHPを見て話を聞いてみることをおすすめします。

通訳者には独学でもなることは可能?

ノートとペンの画像

通訳者になるために、高度な語学力を有することは当然ですが、必要なのはそれだけではありません。耳から聴いた言葉を頭の中ですばやく他言語に変換して、アウトプットするという別の技術を身に付けなくてはいけません。それらのスキルを独学で習得するトレーニング方法を模索したり情報を集めるなど手間が非常にかかります。

ですから独学での習得は現実的には厳しいため、専門的に教えてくれる通訳養成学校に通うのが一般的です。独学で時間をかけるよりも、効率的に勉強して早く通訳者として活躍することを考えましょう。

通訳者になる上で役立つ資格とは?

手帳やパソコンやペンや人が書かれたイラスト画像

特定の資格がないと通訳者になれないということはありませんが、語学関係の資格を持っている場合には、クラス分けの参考や、仕事紹介の時の参考になるようです。

具体的な資格の例を挙げるとTOEIC・ビジネス通訳検定(TOBIS)・実用英語技能検定などでしょうか。他にもいろいろ細かくあるようですので、自分がどんな資格を持っているのか、申込時に学校側に伝えておくといいと思います。

とはいえ、資格取得はモチベーションを向上させたり、資格取得の過程での英語力アップも期待できると思いますので、通訳技術の向上にもつながってくるはずです。自分を磨くために挑戦するのもいいと思いますよ

挫折することも多い!?通訳養成学校が厳しいのは本当?

ストレスがのしかかっている画像

通訳養成学校が厳しいのは事実です。授業内容も難しく、通訳予備クラスから入った人でもなかなか進級できず、何年も通って挫折してしまうということも珍しくない世界です。

そのため勉強を続けていくためには、なるべく雰囲気の良い学びやすい学校を選ぶことも大切です。生徒同士が和やかに高めあえる環境が整っているか注目しましょう。ご自身にとってストレスが溜まりにくい学校を選択できれば挫折する確率も下がるはずです。

仕事の種類は豊富!通訳者はどんな仕事で働ける?

地球儀が映っている画像

通訳者の仕事には多くの種類があります。海外のニュースを日本語に同時通訳する報道関連の仕事や、海外俳優のインタビューなど、政治や裁判の場での通訳、スポーツ業界、エンターテインメント業界、国内ガイド通訳など活躍の場は広いと言えるでしょう。

各業界では英語や通訳者としての技能だけではなく、特有の知識が必要になる場合もあります。ご自身が興味を持っている業界の情報や動向を普段から調べておくと、より目指している業界で働きやすくなるのではないでしょうか。

通訳養成学校選びのポイントまとめ

ポイントまとめと書かれた画像

では、実際に通訳養成学校を選ぶ際にはどのようなポイントに注目すればいいのか、まとめました。

・講師の質やスクールの実績
・通いやすさなど、落ち着いて学習が継続できる環境が整っているか
・口コミや評判が良いか
・卒業後に仕事の紹介をしてもらえるか
・体験レッスンへの参加ができるか

などが挙げられるでしょう。学校選びが将来を左右すると言っても過言ではありませんから入学する前にしっかりと確認することが大事ですね。

東京でおすすめの通訳養成学校5選!

コミュニケーターズの画像1
通いやすい!楽しく学べるから継続できる

コミュニケーターズ・土曜学校は通いやすさに定評のある通訳養成学校です。授業が厳しすぎる学校に入学し、挫折してしまう人も多い中、良心的な授業を心がけているのは好印象です。土曜学校という名称で知っている方も多いかもしれませんね!

通訳技術を身につけるだけではなくコミュニケーションのプロとして活動していけるような人材を育てています。通いやすさや講師との関係性、学校卒業後のお仕事紹介にも強みのある学校ですので、詳しく見てみてください。

コミュニケーターズ・土曜学校の基本情報

特徴① 通訳技術の習得は容易でないため、通いやすい環境づくりに配慮している
特徴② 授業ごとの10分間休憩や昼食会で講師に直接質問できる!
受講コース例 コース:通訳者養成コース
料金:税込84,700円
期間:1学期あたり10週間
入学について 入学試験なし!年3回入学可能なタイミングあり!
アイ・エス・エス・インスティテュートの画像1
学習サポートが充実している!

少し厳しい指導で有名なアイ・エス・エス・インスティテュート。英語と中国語のコースが設置されており、現場での対応力を習得することも大事にした講義を受けることができます。

新たに通い始める方や在校生、復学生に向けて受講特典も用意されていますから、気になっている方はチェックしてみてくださいね。

アイ・エス・エス・インスティテュートの基本情報

特徴① 学習相談・カウンセリングなどサポートが充実している!
特徴② クラス分けが細かく学びやすい
受講コース例 コース:通訳者養成コース 本科1
料金:税込174,900円
期間:約5ヶ月
入学について 入学時にレベルチェックテストや説明会あり
NHKグローバルメディアサービスの画像1
キレイな設備でNHK通訳者を目指せる!

世界に通用する人材を育てているNHKグローバルメディアサービス 国際研修室。体系的なコースでしっかり実力をつけていくことができるでしょう。

NHKのニュースや国際会議、シンポジウムの会議通訳などに関わる講師たちから、現場を感じる実践的な授業を受けられます。将来NHKの仕事をしたい方にもおすすめです。

NHKグローバルメディアサービス 国際研修室の基本情報

特徴① 意識の高い生徒が多く、プロとして必要なポイントもおさえられる
特徴② NHKのBS放送で流れる英語ニュースに関わる通訳者を目指せる
受講コース例 コース:通訳基礎
料金:税込193,710円
期間:15週間
入学について コース説明会・入学試験への参加が必要
サイマル・アカデミーの画像1
サイマルグループ内で連携しているから卒業後も安心!

サイマル・アカデミーには、もともと語学レベルが高い生徒も多く集まっています。今よりもスキルアップしたいという経験者の方も在籍していますので、なかなか刺激的な環境ではないでしょうか。

しかし基礎である逐次通訳をマスターしてから同時通訳訓練を開始するという無理のないカリキュラムが組まれていますので、初めて通うという方も安心してくださいね。

サイマル・アカデミーの基本情報

特徴① 逐次通訳技術習得後、同時通訳の訓練を開始する
特徴② レベルの高い環境で実力を高められる
受講コース例 コース:通訳者養成コース 通訳Ⅰ
料金:277,200円
期間:半年
入学について レベルチェック内容は英文ライティング・ディクテーションなど
インタースクールの画像1
宿題と少人数制クラスで実力アップできる!

インタースクールも真剣に通訳者を目指している人が多い優秀な学校です。またインターメゾットと呼ばれる学びと現場経験ができるサイクルが用意されているのが大きな特徴です。

自分のレベルに合わせたコース選択が容易に可能ですので、現在どんな状況の方にもおすすめできる学校と言えるのではないでしょうか。

インタースクールの基本情報

特徴① 真の国際人になるための厳しい姿勢
特徴② 宿題・少人数制で集中できる
受講コース例 コース:通訳基礎コース
料金:207,900円
期間:約5ヶ月
入学について レベルチェックが必要なコースもある

【東京】おすすめの通訳養成学校一覧まとめ

東京都内にある通訳養成学校の情報を一覧表にまとめましたのでご参考ください!

イメージ
会社名コミュニケーターズ・土曜学校アイ・エス・エス・インスティテュートNHKグローバルメディアサービス
国際研修室
サイマル・アカデミーインタースクール
特徴通いやすく、継続できる環境!現場対応力が育つ講師はNHKニュースや国際情報番組で活躍している人物逐次通訳を基本として大事にしている学校で学んだことが現場で試せる
料金時間単価が安く、受講料金がお手頃一般的な料金受講期間に対して少し高め受講期間が長く料金も高め一般的な料金
1回あたりの
授業時間
3時間2時間~2時間2時間~2時間~
入学試験無し有り有り有り有り
サポート
仕事紹介
通訳翻訳事業連携!仕事紹介ありOJT、派遣、紹介、フリーランスと段階的に成長NHKの仕事紹介ありフリーランスやサイマル専属の通訳者も目指せるインターグループ連携でOJTも用意
設備全てのコースでLL教室使用!英語通訳者養成コースではLL教室使用2つのLL教室とラウンジ、ライブラリー完備世界水準の同時通訳システムが利用可能なLL教室LL教室を利用した授業あり、USBメモリが必要
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

 

 

記事一覧

通訳者養成スクールについてネットで調べると「なかなか進級できずに悩んだ」や「進級できずに同じレベルのクラスに2年居た」などというエピソードを目にすることがあります。通訳者養成スクールの実態に ・・・[続きを読む]
高校卒業後の進路は、その後の人生に直結しますので、できれば進路選びには失敗したくないものです。本コラムでは通訳者志望の高校生のみなさんのために「通訳者を目指すなら高校卒業後の進路をどうすべき ・・・[続きを読む]
晴れてプロの通訳者になれたとして、どのくらい給与・収入を得られるかは気になるところです。そして通訳者といっても、その仕事や雇用形態には違いもあります。本コラムでは、通訳は稼げるのかや、給与・ ・・・[続きを読む]
通訳者になるには英語力はもちろん、独自のスキルが必要であるため、結構時間がかかります。そのため年齢制限があるのでは?と思っている方も少なくありません。本コラムでは「30代から通訳者養成スクー ・・・[続きを読む]
通訳者になるには、通訳に必要な独自のスキルをいくつも身に付けなければなりません。そのスキルは、様々なトレーニングによって身に付けるしかないのですが、どのようなトレーニングが必要なのか知りたい ・・・[続きを読む]
働きながら通訳者を目指すことはできるのか、大変ではないのか気になる方は少なくありません。それと同様に、大学に通いながら通訳者養成スクールに通っている方ついてはどうでしょうか。本コラムでは、そ ・・・[続きを読む]
通訳というとテレビで見る「来日した有名人の通訳」「会議の通訳」が有名でわかりやすいですよね。でも実際は、企業の中で、またはクライアントに付きっきりで行う仕事など、多岐に渡りたくさんあります。 ・・・[続きを読む]
中高年になってから通訳者をめざす方は少なくありません。そして遅めのスタートを切る方々、とくに一家を経済的に支える立場にある方ならば「一刻も早く通訳として現場に立ちたい」と思うはず。ここでは「 ・・・[続きを読む]
英語を使う仕事の中でも翻訳家はあこがれの職業のひとつでしょう。しかし「どうやればなれるか」はあまり知られていないのが実情でしょう。本コラムでは「翻訳者になるために必要な資格があるのか」という ・・・[続きを読む]
海外留学経験者・帰国子女など、海外生活・海外経験の豊富な若い方が増えています。海外留学経験者と帰国子女に関しては共に増加傾向です。せっかくの海外経験なので、仕事に活かせなければもったいないで ・・・[続きを読む]
通訳と翻訳は兼業でやっていると思っている方もいらっしゃるようです。ですが、実際にはほんのわずかで、「まだ仕事が安定しないから、両方受けている」という新人さんがほとんどだそうです。 「通訳」と ・・・[続きを読む]
「通訳者になりたい」と思う人は少なくありません。メディアの報道や、あるいは来日スターのインタビューなどを通じて目にする通訳者は、複数の言語を自在に操りながらも常にクールな印象で、とてもかっこ ・・・[続きを読む]
世の中には、独学で通訳者になったケースは、多々、見受けられます。なのでもしかしたら、入学金や受講料などを払わずに、夢を叶えられるかもしれませんね。 確かに、通訳になるための技術が学べる書籍も ・・・[続きを読む]
通訳、資格とキーワードを聞いて何を思い浮かべますか?そもそも、資格が必要なの?という方もいらっしゃるでしょう。中には、通訳者になるために取得しておいたほうがいい資格として「TOEIC・英検」 ・・・[続きを読む]
『全国通訳案内士』という仕事をご存知ですか?通訳者としては国内唯一の国家資格に該当します。どんな仕事なのか、また資格取得にはどんな勉強が必要なのか、本コラムでは仕事内容を中心に全国通訳案内士 ・・・[続きを読む]
通訳者養成スクールで学ぶと、よく考えられた学習プログラムに沿って、現役の講師が現場で必要とされる実践的かつ専門的な技術に至るまで直接指導をしてくれるため、効率良く通訳スキルが身に付きます。 ・・・[続きを読む]
帰国子女は早い時期から本来の母国語以外に現地の言語に触れる機会も多く、英語圏であれば、英語のネイティブスピーカーに囲まれた環境で過ごすことで英語の発音も自然と身に付き、外国の文化にも親しんで ・・・[続きを読む]
テレビなどで見る通訳者はほとんど女性という印象があり、実際「通訳者は女性が8割を占める」と言われていますが、どうしてなのでしょうか。 「プロ通訳に男性より女性の方が多いのはどうしてか」につい ・・・[続きを読む]
通訳の仕事は、なりたいという強い気持ちを持ってなれた人でも、数年でやめてしまうケースがあります。通訳者として実際に現場に出た際、どんなことでつまずいたり、悩んだりするものでしょうか。通訳者に ・・・[続きを読む]
通訳の世界では「実績と実力」が何よりも重視されます。通訳経験が浅いと、なかなか最初のオファーに慎重になりますし、また、ひとたび「通訳者としてはダメ」という烙印を押されてしまうと、そのクライア ・・・[続きを読む]
多くの通訳養成学校では、通学制のコースと通信講座(オンライン)が用意されています。同じように学ぶならどちらを選択しても良いのかな?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それぞれメリット ・・・[続きを読む]
通訳養成学校に通いたいと考えていても、どんな授業が行われているか、授業内容を把握していない!なんて方も多いのではないでしょうか?その点をこの記事では詳しく解説していきます! もくじ通訳養成学 ・・・[続きを読む]