通訳を本格的に学びたい社会人・学生の方、更なるスキルアップを図りたい方におすすめ!東京都内にある評判の高い通訳養成学校をご紹介します!

通訳養成学校と専門学校の特徴や違いを徹底解説!

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/05/19

英語通訳者になりたい方が「通訳者養成スクールと専門学校の違いがよくわからない」という声をよく聴きます。また、専門学校で通訳科がある場合、どんなカリキュラムで勉強することになるのでしょうか。本コラムでは通訳養成スクールと専門学校、それぞれの特徴や違いについてご紹介します。

通訳になるのに資格・正式ルートはないが、、、

通訳者になるための資格などはありません。(国家資格として「通訳ガイド」はありますが、添乗員的な役割を果たす観光ガイドという仕事に特化されたものです)。

しかし、高校を卒業して「短大・大学で英語力を上げ、一般教養や専門的な知識を幅広く身に付けて」もしくは「語学系専門学校で英語力を上げて」から独学・もしくは通訳者養成スクールを受講して、通訳者としての特殊なスキルを身に付けた後にプロになるのが一般的なルートです。

他によくあるのは大学で専攻した専門分野の業種に就職して、数年間勤務することでさらにその専門分野に精通し、それと並行して通訳者養成スクールに通い、ある分野のエキスパート的な通訳になるルートです。これは非常にニーズが高く、強みのある通訳者になれるでしょう。

通訳者への一般ルートが上記のようになるのは、高校を出た時点ではまだ通訳者養成スクールの通訳養成コースに入れるための英語力がないケースが多いからだと思います。通訳養成コースに入るには英検1級・TOEIC900点以上レベルの英語力が要求され、レベルチェックの結果、通訳養成コースに見合った英語力があると判定された方だけが受講生になれる仕組みだからです。(見合わないと判定されたときは英語力を上げための準備コースからのスタートになります)。

ですから、高校生の時点でネイティブの方々と充分なコミュニケーションがとれるだけの英語力が備わっていれば、高校から直に通訳者養成スクールを受講することが可能です。例としては中学や高校で留学を経験している方、アメリカンスクールなどでネイティブに混ざって英語で教育受けた・学校生活を送った方、帰国子女、高校時代に独学で英検1級・TOEIC900点以上を取得した方などが挙げられます。

通訳者養成スクールと専門学校の特徴

通訳者となるのにもっとも一般的な通訳者養成スクールの通訳養成コースに入るには、目安として英検1級・TOEIC900点以上の英語力があることが条件であるため「短大・大学で英語力を上げ、一般教養や専門的な知識を幅広く身に付けて」もしくは「語学系専門学校で英語力を上げて」から受講するケースが多いことをご紹介しました。

ここで、通訳者養成スクールと専門学校、それぞれの特徴をご紹介しましょう。どんな特徴を備えているでしょうか。

■通訳者養成スクール

基本的にネイティブと自由にコミュニケーションできる英語力があることが前提で受講できる、短期集中型・実践型の学校。現役の通訳者が講師となり、通訳に必要な特殊なスキルを通訳パフォーマンスメインに徹底指導するスタイルです。上のクラスに進級するときにテストがあり、進級できない方もめずらしくないでしょう。少なくとも初級→中級→上級で各級に3ステップずつ進級過程があります。

■英語の専門学校

基本的にネイティブに不自由なく会話でき、もしくは英語を使った仕事に就けるレベルの英語力を養うことを目的とするところです。決められた単位を履修し、既定の成績を修めれば進級可能となり、2年間で卒業となるところが多いでしょう。

■英語の専門学校の通訳科・通訳専攻

基本的にネイティブに不自由なく会話でき、もしくは英語を使った仕事に就けるレベルの英語力を養うことを目的とし、並行して通訳者になるための勉強をすることができるところです。決められた単位を履修し、既定の成績を修めれば進級でき、2年間で卒業となるところが多いでしょう。

通訳者養成スクールと専門学校の違い

通訳者養成スクールは基本的にネイティブに、自由にコミュニケーションできる英語力があることが前提で、通訳パフォーマンスをメインに通訳者に必要な特殊スキルを集中的に身に付けるところです。専門学校基本的にネイティブと不自由なく会話できる、もしくは英語を使った仕事に就けるレベルの英語力を養うことを目的とする、もしくはそれと並行して通訳者になるための勉強をすることができるところです。

上記の「それぞれの特徴」を把握していただいたところで「両者の違い」についてご説明したいと思います。

通訳者養成スクールは実践的で、通訳者になることを前提とした学校です。一方、英語の専門学校は英語力を高めて、通訳者養成スクールへの入学を可能にする学校、もしくはそれと同時に通訳者になるための勉強もできる学校ということになるでしょう。

つまり、通訳者養成スクールはすでに充分な英語力のある方々に通訳スキルを実践的に叩き込むという「直接的に職業訓練を積むところ」で、専門学校は英語力を養い、もしくは養いつつ、通訳者という職業の知識を得る「あくまで学びメインのところ」です。そこが両者の大きな違いと考えて良いでしょう。

まとめ

通訳養成スクールと専門学校、それぞれの特徴や違いについてご紹介しました。前者が「基本的にネイティブと自由にコミュニケーションできる英語力がある方々が、直接的に職業訓練を積むところ」で、専門学校は「英語力を高めて、通訳者養成スクールへの入学を可能にする、もしくはそれと同時に通訳者になるための勉強もできる、学びメインのところ」という結論でした。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧
おすすめ通訳養成所紹介