通訳を本格的に学びたい社会人・学生の方、更なるスキルアップを図りたい方におすすめ!東京都内にある評判の高い通訳養成学校をご紹介します!

通訳養成学校に入学するにはどのレベルの英語力が必要なの?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/05/19

英語などの語学は通訳者養成スクールで教えてもらえるのではないかと思う方は少なくないでしょう。残念ながらそうではありません。では、通訳養成スクールに入るにはどのくらいの語学力、英語通訳に限れば英語力が要るのかなど、詳しく見ていきましょう。

海外生活経験者並みの英語力が必要

実は通訳者養成スクールに入学するには(英語通訳の場合)かなりの高い英語力が必要です。実際「入学してみたら、クラスメイトには留学経験者と帰国子女の割合が高かった」という証言も少なくありません。(もちろん、スクールによって状況は違うでしょう。そして、実際には海外生活経験者でない方も多くおられます)。

要するに「外国人とコミュニケーションが問題なくとれる」英語力が備わっていることが基準です。ですから高校卒業の方でも、海外生活でそのくらいのレベルの英語力が身に付いていれば入学可能でしょう。さらに言えば、高校在学中に並行して国内の英会話学校に通う、あるいは英語力を高めるために、努力して独学で英会話できるようになった方なら、問題ないはずです。

しかし、高卒の受講生は実際にはかなり少数派でしょう。そして、専門知識がある通訳者が有利になっている時代なので、大学に進学して(遊んでばかりいないで)専門的な学びを得て、そこから通訳者養成スクールに入学するほうが将来的には安心かもしれません。

一例としては「英語でコミュニケーションは充分とれる英語力はあるが、カジュアルな英語なので、英語学習コースからスタートしたほうがいい」と言われた留学生(大学生)もいるほどです。現実にはこのように入学に際して「英語のフォーマルさ」までも問われるスクールも、普通に存在します。

具体的にはどの程度の英語力が必要か?

「外国人とコミュニケーションが問題なくとれる英語力」と言われてもピンとこないという方のために英検・TOEICのレベルでお伝えしましょう。「英語検定であれば1級、TOEICであれば900点以上が通訳者養成スクールに入学する基準」と言われています。

では、それより低ければ通訳者養成スクールには入学できないかと言われればそうではありません。ほとんどの通訳者養成スクールには入学時に英語力のレベルチェックが実施され、その結果でクラス分けされます。

通訳者養成コースのクラスのレベルに満たない場合、同校に併設されている「準備クラス」に入学可能です。そこで英語力を高めて、通訳者養成コースに進学することができます。

ですから、レベルチェックの結果「通訳者養成コースに入学させても大丈夫だな」と判断されれば、英検やTOEICを受験したことがなくても入学は可能です。資格取得がマストではなく「英語検定1級、TOEIC900点以上」は、あくまで基準でしかありません。

ちなみに英検1級の目安は「大学上級程度」です。TOEICでは2018年度最新版の『TOEIC Data & Analysis』で高校生の平均スコア発表されており、によると「リスニング:244点」「リーディング:167点」で「合計:412点」ということでした。高校生であれば短大・大学・英語専門学校などに進学して英語力をアップさせてから、通訳者養成スクールに入学するのが一般的ではあるようです。

入学したらどんな授業がはじまるのか?

通訳者養成スクールに入学するには資格取得がマストではないものの「英語検定1級、TOEIC900点以上」が目安であることがおわかりいただけたところで、通訳者養成コースに入学できた方が受ける授業についてご紹介しましょう。

まず、いきなり通訳パフォーマンスがスタートします。著名人のスピーチなどを1~3文ほどリスニングして日本語に通訳する「通訳パフォーマンス」がスタートします。とにかく、通訳のスキルを実践的に学ぶことになります。

また、講師は現役の通訳者がほとんどで、パフォーマンスの評価・ミスやクセの指摘・訂正などの指導が即座に受けられます。厳しいけれど、あとになってからではなかなか直らない部分を最初から矯正できるので、効率的と言えるでしょう。

まとめ

「通訳養成スクールに入学するには、どのくらいのレベルの英語力が必要なのか」についてご紹介しました。「外国人とコミュニケーションが問題なくとれる」英語力が備わっていること、具体的には「英語検定1級、TOEIC900点以上」が基準ということでした。

入学したら、いきなり通訳パフォーマンスがはじまるということを考えると、納得できるでしょう。

しかし、通訳者はフリーランスであれば年収2.000万円も夢ではなく、スキルと知識・教養で世わたりできる夢のある仕事です。ひととひととのコミュニケーションを橋わたしする仕事なので、なかなか機械が取って代わることができないという側面もあり、安心して進める道でもあります。

通訳養成スクールは、そんな通訳者になるのに「もっとも効率良く学べる」と言われていますので、がんばって入学する価値のあるスクールと言えるでしょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧
おすすめ通訳養成所紹介