通訳を本格的に学びたい社会人・学生の方、更なるスキルアップを図りたい方におすすめ!東京都内にある評判の高い通訳養成学校をご紹介します!

【プロ通訳に聞いた】通訳ならではのよくあるお悩みとは?

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/03/05

通訳の仕事は、なりたいという強い気持ちを持ってなれた人でも、数年でやめてしまうケースがあります。通訳者として実際に現場に出た際、どんなことでつまずいたり、悩んだりするものでしょうか。通訳者によくある悩みや苦労などを知っておきましょう。

なりたて通訳者に抱えやすい悩み

まず、ビギナー通訳者が抱えやすい悩みからご紹介します。最初に直面するのは、どんなことでしょうか。

■企業間の交渉でクライアントが怒り出して困る
「企業間の交渉ごとの通訳で、こじれてクライアント側も交渉相手も怒り出し、双方の板ばさみ状態に。とても伝えにくいことを言わねばならず、つらかった」。

■現場で先輩通訳者がこわい
「先輩と一緒になり、とてもきつく叱られてしまった。私が悪いが、仕事に行くのが怖くなってしまった」。

■なかなか仕事が増えない
「まだ経験が少なく、信頼を得られてないためか、エージェントから少ししか仕事が来ない」。

とくに交渉ごとは企業間の利益のせめぎ合いになりがちです。通訳者には平常心も大切のようです。最初は人間関係の悩みも多いでしょう。

仕事の依頼を増やすことに関しては、アピールしていく姿勢、すばやいレスポンスも不可欠。そうしたテクニックも通訳者には必要ということでしょう。また、「経験が浅い=実績がない、実力が伴わない」ことも挙げられます。こちらは事前準備を頑張って差をつけましょう。

通訳者には意外な苦労がある

通訳者はある程度キャリアを積んでもむずかしい問題を抱えることがあります。ここではビギナー以外の通訳者の抱える悩みを見てみましょう。

■通訳環境を整えてもらえないことがある
通訳機材や音声の不備など、通訳者にとってパフォーマンスの良し悪しを左右する通訳環境が整っていない現場が意外に多く、つらい」。

■ITスキルが低く、慣れるまで苦労した
「通訳者派遣会社から“できるだけ早く経歴書(実績表)送って”などと出先で急に言われても、PCを持ち歩いていればすぐに送付できた経歴書(実績表)がスマホだけでは送れず、仕事につなげることができなかった経験あり」。

■先の見通しが立ちにくい
「フリーランスになったら“お休みが自由に取れて良いね”などと友人には言われるが、急にクライアントから重要な依頼が来ること、突発的なスケジュール変更があることも多くて、旅行の予定など入れられない。収入が不安定で、保証がない」。

■子育てとの両立がむずかしい
「夜間や休日にも依頼があり、出張もある。時間も不規則で子育てとの両立がむずかしい」。

■勉強し続けなければできない
専門的知識が必要な仕事を請け負って、それなりに勉強しておいたのだが、直前に資料が送付されてきて内容が思っていたよりさらに専門的だった。必死に理解し、想定練習もしなおした」。

■独立のタイミングに悩む
「社内通訳からフリーランスになるタイミングをいつにするか悩んでいる」。

通訳になって気を付けなければならないこと

・通訳現場では機材を使用することが多々あります。機材の不調が通訳パフォーマンスにダイレクトに影響するだけにつらいですが、プロとしてどんな状況下でもベストを尽くすことが求められます。

・経歴書などを出先で急に請求されたときのために、クラウドサービスを利用してオンラインストレージから取り出すなどができればスマホからも送ることができます。通訳も最低限のITも身に付けておきましょう

・先行きが見えない、安定しない職業なので、仕事はできるだけ受けるようにして、どうしても仕事がないときは自身の勉強、もしくはリフレッシュする時間に充てるようにするなど、対策が必要です。

・子育て中は家族の協力が不可欠。思うように協力が得られないときは子供の成長を少し待って、その間は通訳者としての勉強期間に充当しましょう。

・クライアントの要求や仕事の内容に応じて、その都度勉強するのはもちろん、通訳者としてスキルアップするために通訳者養成スクールに通い続けるなど、努力が不可欠です。

・独立した当初は金銭的に安定しないので、独立するまでにある程度の貯金と人脈をつくっておきましょう。独立初期の数年間は来た依頼は断ることなく、がむしゃらに仕事をしなければいけないので、体力があるうちに検討しておいたほうがよいでしょう。

まとめ

通訳者として現場に出た際、抱えやすい悩みをご紹介しました。初期段階ではクライアントや先輩との人間関係に悩むこともあるようですが、プロ意識が高まるにつれて仕事への集中力が増し、だんだん解消されてくるようです。

仕事の先行きが見えないときがあっても、ある程度キャリアを積めば指名してくれるクライアントも増えて、徐々に安定してくるでしょう。しかし、さまざまな専門的な知識が必要とされる仕事だけに、一生勉強が必要という厳しい側面があることは間違いありません。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧
おすすめ通訳養成所紹介