通訳を本格的に学びたい社会人・学生の方、更なるスキルアップを図りたい方におすすめ!東京都内にある評判の高い通訳養成学校をご紹介します!

通訳者になる上で役立つ資格とは?

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/03/11

通訳、資格とキーワードを聞いて何を思い浮かべますか?そもそも、資格が必要なの?という方もいらっしゃるでしょう。中には、通訳者になるために取得しておいたほうがいい資格として「TOEIC・英検」などがパっと浮かんだ方が多いかもしれません。

結論からいうと、プロ、フリーランスの通訳者に必要な資格というのは、実は特にありませんが、本コラムでは「通訳者になる上で役立つ資格」について考察したいと思います。

英語ビジネスの検定について

通訳者をめざす人や、高い英語力が求められる仕事に就きたい人たちがこぞって受験する二大検定試験からご紹介しましょう。

まずは「実用英語技能検定」です。いわゆる英検です。読む・書く・話す・聞くという4つの技能を測定する検定試験となっています。通訳者志望の方であれば、まずは1級取得を目指しましょう。

次に「TOEIC(R)」です。英語に関するコミュニケーション能力を多角的に評価する世界共通のテストとなっています。英語力を必要とする多くの企業が採用の指標としています。通訳者志望の方ならListening & Reading Testでスコア900点以上が目安となるでしょう。

さらに、最近では、通訳スキルに特化した「TOBIS」(後述)を受験する人も多いようです。通訳者限定の検定・国家資格についても要チェックですね。

通訳限定の検定・国家資格とは?

それでは、一般的な「英検」「TOEIC」に続いて「通訳に特化した検定・国家資格」について、2つ、ご紹介したいと思います。
「TOBIS(ビジネス通訳検定)」は、企業(団体)内での通訳に必要なスキルを判定する資格で、ビジネスシーンを想定した内容になっています。

試験は2種類、工場視察や表敬訪問などに適する逐次(ちくじ)通訳検定と、大規模な会議や国際会議に適する同時通訳検定(※1級のみ)が実施されます。通訳者志望の方なら2級以上が目標となるでしょう。

もう一つ、「通訳案内士」というものもあります。具体的な業務としては、外国語で観光案内をするのはもちろん、宿泊先の予約確認や、トラブル対応など、ツアーコンダクター的なサービス業の要素もあります。

旅行先の土地の文化や歴史などを熟知した上で、自分なりに消化して紹介する必要があり、膨大な背景知識と現場対応力が問われる仕事です。旅行代理店や人材派遣会社に通訳案内士として登録し、仕事の依頼を受けることになります。通訳業務については、かなり限定的なものになりますが、今、大変注目されている資格です。

通訳者に役立つのは「専門知識」

ここまで4つの検定・資格をご紹介しましたが、実は、基本的に通訳者になるために必須の資格はありません。「私は通訳です」と宣言し、通訳の仕事をすればその日から通訳者です。ただ、「仕事が来るか(稼げるか)否か」が大きな違いです。その「仕事が来る通訳者」になるためには、何が必要か?…ということが重要なのです。

語学力は必要ですが、同時に求められるのは「通訳スキル」「通訳者としての適性」そして「専門的な知識」です。IT・金融・医療・各製造業・マスコミなど、さまざまな専門分野に特化した知識に精通していると、ニーズ(仕事のオファー)は高まります。

検定や資格を目標に学ぶのは悪いことではありませんが、例えば、何かひとつ専門的な知識を身に着けるなど、幅広く実力を磨くことも視野に入れてみましょう。

まとめ

冒頭で述べたように、プロ、フリーランスの通訳者に必要な資格というのは、実は特にありません。
通訳実績、通訳学校歴(多くの人が複数掛け持ち)、社内通訳実績など、業界に分かりやすい実績を作るほうが得策です。

英検(1級)・TOEICスコア900点以上を目安に語学力を上げることは、最初の目標としては立てやすいと思います。また、企業内通訳(社内通訳)や企業に長期派遣される通訳者(派遣通訳)から経験を積もうとするなら、TOBIS2級以上を取得していれば派遣登録の際に有利かもしれません。注目度が増している通訳案内士になるには全国通訳案内士試験を受験して国家資格を取得することが必要です。

ただし、資格取得は、最終目標にはなり得ません。プロ通訳として活躍したいと望むのであれば、より高い言語能力を身に付け、通訳スキルを向上させること、また得意分野を持つなど、自分の強みを増やす努力もしてみましょう。そしてもちろん、社会人としてのマナーや身だしなみ、コミュニケーション能力なども磨いていくことが大切です。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧